○河北町どんがホールの設置及び管理に関する条例
平成20年9月16日
条例第26号
河北町地域交流センターの設置及び管理等に関する条例(平成18年条例第30号)の全部を改正する。
(趣旨)
第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、河北町どんがホールの設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。
(設置)
第2条 町は、賑わいの創出及び地域間交流を推進するため、町民に交流の場を提供し、地域コミュニティの育成を図り、もって豊かな地域社会の形成を目的として、河北町どんがホール(以下「どんがホール」という。)を河北町谷地甲79番地に設置する。
(指定管理者による管理)
第3条 どんがホールの管理は、法第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。
(指定管理者が行う業務)
第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行う。
(1) どんがホールの利用の許可に関する業務
(2) どんがホールの施設及び設備の維持管理並びに修繕に関する業務
(3) 前各号に掲げるもののほか、どんがホールの運営に関する業務のうち、町長が必要と認める業務
(休館日及び開館時間)
第5条 どんがホールの休館日及び開館時間は、次のとおりとする。
(1) 休館日は、水曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日であるときは、その直後の休日でない日)及び12月29日から翌年の1月3日までとする。
(2) 開館時間は、午前9時から午後9時30分までとする。ただし、指定管理者は、必要があると認めるときは、これを短縮又は延長することができる。
2 前項第1号の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、あらかじめ町長の承認を得て臨時にどんがホールを開館し、又は休館することができる。
(利用の制限)
第6条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、どんがホールの利用を停止し、又は制限することができる。
(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。
(2) どんがホールの施設又は設備を損傷するおそれがあるとき。
(3) どんがホールの管理運営上又は公益上適当でないと認めるとき。
(利用料金)
第7条 どんがホールを利用する者(以下「利用者」という。)は、指定管理者に対し、利用料金を支払わなければならない。
2 どんがホールの有効な活用と適正な運営を図るため、利用料金は、指定管理者の収入とする。
3 利用料金は、別表に定める額の範囲内で、指定管理者が町長の承認を得て定めるものとする。
(利用料金の減免)
第8条 指定管理者は、あらかじめ町長が定める基準に従い、利用料金を減額し、又は免除することができる。
(損害賠償等)
第9条 利用者は、どんがホールの施設又は設備を損傷又は滅失したときは、町長の指示するところにより原状に回復又は損害を賠償しなければならない。
(委任)
第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。
附 則
1 この条例は、平成21年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。
2 河北町どんがホールの管理を法人その他の団体であって町長が指定するものに行わせるために必要な行為は、この条例の施行前において行うことができる。

別表
河北町どんがホール利用料金
区分
利用料金
(1時間当たり)
冷暖房利用料金
(1時間当たり)
多目的まちかどホール
620円
600円
ミーティングルームA
160円
200円
ミーティングルームB
160円
200円
サウンドスタジオ
620円
300円
備考
1 営利を目的とする場合は、利用料金の2倍の額とする。
2 利用時間に1時間未満の端数がある場合は、1時間に切り上げる。